【目次】

インプラントは歯周病などにより失われた歯のない部位に人工の歯根を埋め込む方法です。
入れ歯が動いたり入れ歯に違和感を感じたり、健全な歯を削りたくない人などにおすすめします。
入れ歯が噛みづらかったり発音や発声に不便を感じたり、義歯が不潔になって口の中が臭うなどの悩みを持っている人にも適しています。

埋め込まれた歯のイメージインプラントを植え込むことで入れ歯を維持装置によって固定するので、安定した状態でよく噛むことが可能です。
入れ歯を不快に感じたり、歯に負担がかかり痛むといった症状を解決することができるでしょう。
まるで自分の歯のように食事することができ、ブリッジ治療などの健全な歯を削る方法は避けたい人にもインプラントはおすすめです。
他の歯を削る必要がなく、そのままの状態を維持することができます。
インプラント治療は健康保険が適用されず自由診療になり、費用は1本30~40万円ぐらいかかります。
定期的なメンテナンスを行うことで、半永久的に持続することができます。
高額な治療費になるのでじっくりと検討してから施術を受けると良いでしょう。

そして治療費も大事ですが、自分の大切な歯に関わることですので、インプラント治療を得意とする歯科医院を探しましょう!

もし、あなたが愛媛県在住であれば、松山市で歯をインプラントにすることをおすすめします。

他にもあなたのお住いの地域でインプラント治療を得意とする医院があることでしょう。

インプラントにはいくつか施術方法があり、例えばリラックスしながら治療を受けるために笑気ガスを使った鎮静法があります。
笑気ガスは穏やかな作用がある麻酔で、治療前の緊張や不安などを取り除くことができ、リラックスした気分で治療を受けることが可能です。
インプラントを埋入する部位に骨と歯肉が存在するなら、無切開無痛手術(フラップレスサージェリー)という方法があります。
従来から行われている麻酔やメスを使って歯肉を切開するというプロセスを省略し、歯肉に小さな穴を開けてその穴からインプラントを入れることが可能です。
無痛だったり身体をあまり傷つけないというメリットがあり、即日対応することができます。

フラップレスを利用する人は多く、傷口が目立たないので安心・安全です。
歯肉などを切開しないので従来の切開手術と比較すると、術中や術後の腫れや痛み・出血などがほとんど現れません。
切開や縫合の必要がないので手術時間を飛躍的に短縮することができ、平均1本5分以内に終了するので即日処置することが可能です。
歯肉を切開しないので治療期間が短く、短期間ですべての治療を終了することができるでしょう。
メスを使わないので精神的不安が少なくて済むこともあり、有病者、特に血圧や糖尿病を患っている人もインプラント治療を利用することができます。

インプラントのデメリットって?

インプラント治療は見た目が良くなったり、自分の元の歯と同じように噛むことができるというメリットを想像する人が多くいるでしょう。
インプラント治療にはいくつかデメリットが存在しており、あごの骨を削り金属のネジ(インプラント)を埋め込む手術なのでさまざまな欠点があります。
あごの骨に穴を開けてから人工歯根を埋め込み、更に人工歯を被せるので歯根が骨にきちんと接着するまで3ヵ月~6ヵ月ぐらい治癒期間が必要です。
カレンダー インプラントを埋め込むための骨の厚みを増加するような手術を行うと、更に治療するための期間が必要になります。
入れ歯やブリッジなどと比較すると治療期間がやや長くなってしまうのがインプラントのデメリットです。

インプラントはほとんど保険が適用されずクリニックでの自由診療になるので、場所によっていろいろな価格が設定されています。
検査費や手術費はもちろん、人工の歯の費用などが自己負担になるので利用する材料などでも大きく費用が異なります。
健康保険で施術を受けることができる他の方法と比較すると、割高になることも多いため懸念される材料と言えるでしょう。
インプラントを埋め込む部分は骨の成長が阻害されるので、成長過程にある若者はインプラント治療を受けることはできません。
免疫力や抵抗力などが低下しやすかったり、歯周病が発生しやすい人や口腔内の衛生状態が悪い人にはあまりおすすめできません。
あごの骨が足りなかったり、特にタバコを吸っている人は生活習慣を先に改善する必要があり、医師の診療を受けてきちんと準備する必要があります。
日頃からの丁寧なメンテナンスも必要になり、口の中の衛生状態が悪いと歯周病菌などが繁殖しインプラント周囲炎といった病気にかかる人もいます。

インプラントの効果を長く維持するのに定期的な検診が必要になり、通院しなければいけません。
インプラント治療は外科手術になるので成功率100%と言うことはなく、手術によってこれまで何の問題もなかった血管や神経などを触ることになるので、何かしらのトラブルや障害などが発生するケースがあることを認識しておきましょう。
インプラント治療は手術が不可避というデメリットがあり、術後に違和感があったり痛みや腫れ・出血などが現れる場合もあります。
これらの症状は一時的なものが多く2~3日で症状は治まりますが、症状が酷かったり長期間現れる場合は医師と相談することをおすすめします。

関連ページ