歯のことを考えた食べ物とは?

歯のことを考えた食べ物とは一体どのようなものなのでしょうか。
歯が無くなってしまうと、食べ物を咀嚼しにくくなるというだけでなく、顎が弱る原因となったり、他の病気を引き起こす遠因となるなど、身体の様々な部分に悪影響を及ぼす可能性があります。
自分の一生をよりよく生きていくためにも、食べるものにも気をつけてなるべく大事に扱っていきたいものです。

まず、歯に悪い食べ物はあまり咀嚼しないで済む柔らかいものだというのが一般的に考えられています。
柔らかいものが悪いというよりも、柔らかいものばかりを食べていると顎が弱くなり、歯も弱くなっていくと考えられます。
柔らかいものばかりを食べることで顎が発達せず、噛み合わせが悪くなったり、歯の周りの組織が減って新陳代謝が悪くなり、歯周病や虫歯になりやすくなるということです。
歯周病が酷くなり、虫歯となって浸食が続くと神経にまで達して神経を抜くほかない状態にまで達することもあります。

世間一般に身体には良いと考えられているものの歯にはあまり良くないと考えられているものがあります。
近年の研究成果では、スカッシュなどの果汁飲料やフルーツティー、フレーバーウォーターは5分以上かけて飲んだりすすったりしていると酸蝕症になるリスクが高まるとしています。
これらの食べ物を口に入れることによって口の中が酸性に偏り、浸食されやすくなり虫歯になりやすくなるということです。
他にもアルコールなども酸性度合が高く浸食されやすくなります。
日本酒やビール、フルーツが入ったチューハイなどは酸度が高く傷める原因となりやすいということが分かっています。

また、赤ワインやコーヒー、紅茶といった飲料は黄ばみの原因になると考えられています。
コーヒーなどと一緒に喫煙をすると歯は黒ずみます。
着色料の入った食べ物や飲み物も黄ばみの原因となり、良くないと考えられています。
これらの食べ物を全く口にしないで日本で生活するのは難しいと考えられます。
付き合いの中で口にせざるを得ない場面もあると思います。
また、好みの食べ物を食べないで過ごすことも苦痛です。

人間は何らかしらの食べ物を食べないで生きていくことは出来ません。
フッ素は失われた歯の一部の組織の再生を助けるという働きをしていることが分かっています。
日常生活に上手く取り入れることによって歯に良くない食べ物を多少食べたとしても浸食されないようにすることが出来ます。

関連ページ