歯列矯正といえば、今はインビザライン

歯並びは審美性に関わるだけではなく、状態によっては噛み合わせが悪く食べ物がしっかり噛み砕けないために消化に影響し内臓疾患などの原因となってしまったり、ボディバランスが狂う事で頭痛や肩こりの原因となる事もあります。
歯列矯正を実施する理由はさまざまですが、昨今の技術革新により矯正治療は新たなステージへと進んでいます。

かつての歯列矯正は金属の器具を装着する方法が多く用いられていました。
当時としては最も効果的で多くの実績のある歯列矯正の手段でしたが、前歯に装着された金属部分が非常に目立ち、見た目を気にして治療を躊躇してしまう患者さんも少なくありませんでした。
また、金属の力によって矯正を行うため、歯や歯茎に負荷がかかって痛みを感じるケースや、器具の装着されている周辺には歯磨きの際になかなか歯ブラシが届かず、磨き残しがあればその箇所が虫歯になってしまう可能性があるというリスクもありました。

つづいて登場したのがマウスピースを用いた歯列矯正です。
透明感のある素材で出来たものを利用すれば、金属の器具を使用する方法と比較して装着時もさほど目立たない上に痛みを感じる事も少なく、これまで金属の器具を敬遠して歯列矯正を諦めていた患者さんに新たな選択肢を与えるものとなりました。
その一方で金属の器具ほどの力を加える事が不可能なため治療期間が長くなってしまうだけではなく、極度な歯並びの矯正は難しいという欠点がありました。
そんな中で歯列にお悩みのある全ての患者さんの要望に応える手段として登場したのがインビザラインの存在で歯列矯正治療が新たなステージへと進みました。
インビザラインはコンピュータにより解析された歯列のデータをメーカに送り、ひとりひとりの状態に合ったマウスピースを製作して送り返してもらうシステムを取っています。

インビザラインは透明な素材で作られているため装着してもほとんど目立つ事が無いだけではなく、オーダーメイドによるぴったりのサイズなので痛みを感じる事もありません。
また、装着や取り外しが簡単に行えるので食事を美味しく頂いたり歯磨きをしっかり行う事も可能です。

従来のマウスピースや金属の器具を使用した治療では定期的に調整をしたり作り直しをする必要がありました。
インビザラインの場合はコンピュータ解析により緻密に計算されたデザインになっているので、途中で調整を実施する必要も無い上に治療期間も比較的短期間で済むのもメリットです。
従来の歯列矯正の概念を大きく打ち破ったインビザラインの登場により、これまで躊躇していた患者さんも大きな一歩を踏み出しています。
インビザラインはおすすめの歯列矯正方法となります。

関連ページ